業者さんとの英会話は

わが家には、家の外向きに出ている蛇口が2つあります。

そのうちの1つに、毎日自動で水やりする装置をつけていまして、家庭菜園用の鉢につながっています。

この装置、気温が下がったときには、はずしてあげないといけないのだそうです。

理由は、その装置が接続されていることで蛇口が塞がれている状態になり、中の水が凍ると、膨張して、蛇口を壊すのだそう。

そんなこととは知らずに、放置してしまい、結果、蛇口が壊れましたー(T_T)

いつも、何か修理をお願いするときは、Eメールかチャットのできる業者さんを探します。

この方法だと辞書を使いながら、会話できますからね(*^^)v

来てもらう業者さんが決まると、その後は、渋々ですが、電話で頑張ります。

大抵、前日と、来る直前に電話が来るので、それに答えます。

あとは修理当日に、修理の人たちに状況を英語で説明します。

渡米直後は、

  • 何を言っているのか最初から最後までわからない!

ということもありましたが、ここ数年は、特に問題なくなってきました。

ただ、ヒスパニックの人たちは、スペイン語訛りのことが多く、いまだに、まったくもって聞き取れなことがあります。

そもそも、

  • 英語話してる?

と、聞きたくなるくらいです(^_^;)

スペイン語訛りだと、rとlの発音が、どちらも強いrの発音になるみたいですね。

3年ほど芝生のメンテナンスをお願いしている業者さんが、実はヒスパニックの方々で、いつも話しをする人の英語は50%くらいしか聞き取れません。

夫は70%くらいと話していました。

たまにスタッフの人に話しかけると、答えてくれないことがあり、よくよく話しを聞いてみると、英語話せない人だったなんてことも。

実は、業者を選ぶときに、ヒスパニックの人たちが多く働いている会社は、お値段がお手頃だったりするのです。

でも、わが家の場合は、こちらの理解力が低いので、相手の英語力によっては、何を言っているのかわからないという事態に。

そうすると、何かをお願いしようと思っても通じないということも。

仕方なく、今年から、芝生のメンテナンスは別な業者にお願いすることにしました。

でも、今回の蛇口の修理は、ネイティブスピーカーで訛りのない英語を話す人たちだったので、英語がわからないこともなく、完璧\(^o^)/

今後のメンテナンスも、お願いすることにしました!

こちらの英語力が低い分、相手の英語の理解力が高くないと、大変なので、多少値段は高くても、ネイティブスピーカーさんのいる業者にお願いすることになりそうです。

ポチッと応援お願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者(主婦)へ
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
にほんブログ村 英語ブログ 映画・ドラマの英語へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク