英語で「ブリジット・ジョーンズの日記」を観ています(4)

Netflixで「ブリジット・ジョーンズの日記」があったので観ています。

このエントリーは、

の続きです。

「自分の人生を変えたい!」

そう思ったブリジット・ジョーンズは、日記に真実を書くことを決めました。

その決意が次に続きます。

最初の決意はダイエットです。

  • Resolution number one…obviously will lose 20 pounds.
    1つめの決意は…わかりきったことだけど20パウンド体重を減らします。

この20パウンドというのは、kgに換算すると約9kgですが、感覚としては10kgなので、かなり大変なダイエットになることが予想されますね。

実際、ブリジット・ジョーンズ役のレネー・ゼルウィガーは、この映画のために体重を13kgも増やしてから挑んだという話しですから、すごいですね~。

次に、だらしのない生活をやめること。

  • Number two always put last night’s panties in the laundry basket.
    2つめの決意は、いつも前日のパンティーを洗濯籠に入れること。

ブリジット・ジョーンズは毎日洗濯されたパンティーをはいってなかったんですね(笑)

  • Equally important,
    同様に重要なことで、

ここで、自分がパンティーを毎日履き替えるのと同じレベルで、ボーイフレンドを探すと話しています。

  • will find nice sensible boyfriend to go out with

そして、そのボーイフレンドは、niceでsensible。

niceは日本でいうところの「いい人」と同じで、sensibleは「良識のある人」ですから、いい人で悪いことをしない人だったらオッケーという印象です。

おそらく、自分を客観的に見て、「パンティーを毎日履き替えていなかった女」なのだから、ボーイフレンドとなる人も、「人として最低ラインをキープしれくれればいい」ということになったのだと思います。

あるいは、過去、誰もが羨む恋人を夢見てきて、でも、現実は、シングルで恋人がいない状態が長い。

ここで、相手に妥協したとも考えられますね!

続く・・・かも?

ポチッと応援お願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者(主婦)へ
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
にほんブログ村 英語ブログ 映画・ドラマの英語へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク